Limited Express(has gone?)×2MUCH CREW / CHAMPURU OF DOOM (ch-157)

ch-157

Limited Express (has gone?)×2MUCH CREW
『CHAMPURU OF DOOM 』 
(Split CD / ch-157 / 1,500yen+tax / Released:2016.09.14)

レスザンTVより、Limited Express (has gone?)と2MUCH CREWが合体して楽曲を制作したコラボレーション・アルバム『CHAMPURU OF DOOM』が登場。Limited Express (has gone?)はHave a Nice Day!とのスプリット・アルバム以来、2MUCH CREWは名盤『BUBBLE YOU』以来の音源となる。 LessThanTVの谷ぐち順の発案により実現となった日本アンダーグラウンド・シーンにしぶとく生き残る2バンドによる合体アルバム。2バンドでスタジオに入り、各々の価値感を思う存分にぶつけ合い、そしてMIXして出来上がった音は…
Limited Express (has gone?)のパンク、2MUCH CREWのクラブ要素が共鳴し、その上に各バンドが持つ、ガレージ、スカム、オルタナ、ローファイ、ユーモア、創造力が混在。まったく意味をなさないものとして光り輝きはじめてしまった。メンバー曰く「これこそが本当のホワイトアルバム!」なのだそう。このアルバムは、意味を持つことが評価の基準になることから逃げ出した、ギリギリ、絶妙、限界値スレスレのアンダーグラウンド・ナチュラル・リバーブ・マシン・アルバム!2016年の今だからこそ必ず聴いてみるべきアルバム。

【Track List】
01. OBSCURE DESIRE OF…
02. ぞくぞくふらふら
03. PARLAMI DI MI / LA DOLCE VITA
04. SUPER LOVERS
05. SOUND AND VISION
06. ANARCHIC ADJUSTMENT
07. TV破壊クラブ
08. FIORUCCI
09. CAN I KICK IT ?
10. CHAMPURU OF DOOM

【取扱い】
ototoydiskunion / TOWER RECORDS /  C.R.A.C商店 / HOPKEN / CHILITA


limited-express-has-gonex2much-crew

Limited Express (has gone?) profile】
JJ(Vo&Guitar)、YUKARI(Vo)、JUN TANIGUCHI(Bass)、YASUNORI、MONDEN(Drum)、RYOTA KOMORO(Sax)
2003年、US、ジョン・ゾーンのTZADIKから1st albumをリリースし、世界15カ国以上を飛び回る。その後、高橋健太郎主催のmemory labより2nd album、best albumをリリース。WHY?、NUMBERS、そしてダムドの日本公演のサポートを行うなど、名実共に日本オルタナ・パンク・シーンを率先するバンドになるも、2006年突然の解散宣言。半年後、突然の復活宣言。ニュー・ドラマーには、JOYのTDKを迎え2枚のアルバムを制作。TDK脱退後は、ふくろ/GROUNDCOVER.等でもプレイするもんでんやすのりが、ベーシストにはLessThanTVの谷ぐち順が加入。またサポート・メンバーとしてSAXに小森良太を迎え第3期がスタート。限定7inch、Have a Nice Day!とのスプリット・アルバム、耳栓が同封されたガチャ音源、2MUCH CREWとの合体音源を発売し、満を持して5thアルバムをリリースする。

Limited Express (has gone?) OFFICIAL WEBSITE

 

【2MUCH CREW profile】
ぽえむ / Yo!マイキー / FUCKMASTER FUCK / SANOXO BABIES / ナンシー・フミ
90年代半ば結成。04年より現在の、ぽえむ、YO!マイキー、FUCKMASTER FUCK、SANOXO BABIES、ナンシー・フミの5人編成となり本格始動。05年、自身のレーベルより「2MUCH CREWの11月革命&12月革命」リリース。片面に演奏、片面にメンバーによるDJ MIXからなるカセットテープ2本組と、変則的な形ながら好評を博す。05、06年、RAW LIFEに連続出演。さらに、コンピレーション・アルバム「GHETTO BEAT PUSHER’S」(g.e.t.o.) に参加し、音楽誌、サブカルチャー誌にたびたび登場するようになる。メンバーのFUCKMASTER FUCKのMIX CD「ANSWER ME!」が一部の好事家にカルトヒット。JET SETより、FUCKMASTER FUCK Tシャツが発売される。演奏スタイル、ジャンルは多岐にわたり、担当パート、使用楽器は曲ごとに変化。基本はバンド形態ながら、メンバーそれぞれのDJ活動もあり、ターンテーブル中心のライヴも。「楽器がうまくなったらパートチェンジ」という発言に見られるように、ガレージや初期エレクトロ、シカゴハウスに通ずる未完成とされるものをそのまま、放出していくRAWな感触。何かが崩壊するギリギリのところで反転させていくスリル。スカム、ローファイといった単語と共振しつつも、そこをユーモアとビートと想像力で乗り越えていく現場パワーは、極めて独自なポップ感に満ちている。2009年、ファーストソロアルバム「BUBBLE YOU」(WORD IS OUT !)リリース。同時にぽえむのミックスCD「KILL THE HIPPIES」もリリース。

2MUCH CREW FACEBOOK ページ

ototoy_interview

【谷ぐち順 x ぽえむ 抱腹絶倒の対談 】

← TOP